5万円を銀行や消費者金融で借りる時の理由でOKとNGなもの

5万円程度のお金ならどういった理由でもお金を貸してくれると思っていると、意外に通りません。
銀行や消費者金融で借りるときには、それなりに理由が必要です。最も避けるべきなのはギャンブルや投機・投資です。

 

給料をギャンブルにつぎ込んでしまい生活費がなくなったときに、さらにギャンブルで取り返したいから融資を申し込むというのは理由としては最悪の部類です。
投機も同様で、儲かるのか損するのか不確実です。

 

どちらに転ぶか分からないものに対して銀行などの金融業者が融資をすることはありません。
ギャンブルは中毒性が高く、当てて返済すればいいと考えがちですが、そういった理由で融資を申し込むのはやめましょう。

 

また、生活費に困って銀行や消費者金融業者からお金を借りるというのは良くある理由です。
生活費はギャンブルや投機のような浪費ではないので、理由として不利になることはありません。

 

ただし、これも銀行などからすると良い理由には入りません。
常に生活が困窮している人に銀行などの金融機関はお金を貸しません。
普段は問題なく生活しているが、緊急の出費が重なったので、今月はお金を借りて一時的にしのぎたいという理由なら通りやすいでしょう。

 

また、失業や退職によって生活が苦しくなった場合にも、これを理由としてお金を借りるのは良くありません。
銀行としても融資を通すことは考えにくいです。失業によって生活費に困ったときには失業保険などを利用しましょう。

 

事業性資金は基本NG。ただし大手消費者金融なら審査に通る場合も

また、カードローンや消費者金融業者から借入したお金を事業性資金に使うのは基本的にはNGです。
資金の貸出が個人の消費者向けなのか、事業性のある資金なのかは、どの銀行でも明確に区別します。
一般消費者向けのカードローンから借りたお金を事業で使うことは基本的に禁止されていますので注意しましょう。
あくまで個人の生活の支援に用いるのが目的です。
事業で必要な仕入れの資金や運転資金、設備投資などでお金を借りるのであれば、事業資金を調達するためのビジネスローンなどを利用しましょう。
個人事業主の場合は、生活費と事業性資金は明確に区別しにくいケースがありますが、それでも事業性資金に使うには、ビジネスローンから借りることになっています。
個人の消費者として借りたお金で、たとえば仕事に使うパソコンを購入するのは厳密には禁止です。

 

ただし、アイフルやプロミスなどの大手消費者金融の場合は、資金使途は自由になっている事も多く、事業性資金としての利用を認めていることがあるようです。

 

 

審査に通りやすいポイントはすぐ返せるかどうか。利息は5万円なら少額

実際にカードローンでお金を借りる理由として最も多いのは、生活費の補てんであるというアンケート結果があります。

 

回答した50%以上の人が生活費に困ったからと答えています。
あと数万円あれば今月の生活は乗り切れると思って借金することが多いと言われています。
娯楽費や医療費、住宅ローンの支払なども理由として多くの人が挙げています。

 

良く考えておきたいのは、お金を借りるのが単発ですぐ返せるのか、それとも慢性的に毎月生活費が足りないのかという問題です。
もし、「今月だけ」5万円足りないから借りようというのであれば、消費者金融から借りるのは良い方法ですし、審査にも通りやすいでしょう。
銀行のカードローンの方がやや金利は低いですが、審査のハードルは消費者金融の方が低いからです。
短期の借入や5万円程度の融資なら、アイフルやプロミスなどの一部消費者金融であれば無利息期間を利用できます。

 

一般的に消費者金融の金利は18.0%程度、銀行のカードローンは14.5%です。
5万円借入すると1ヶ月にかかる金利は消費者金融で750円、銀行では605円です。

 

100円程度の違いですが、消費者金融業者の多くは初回の借入では30日程度の無利息期間があります。
利用の仕方では銀行のカードローンよりもお手軽に借入できます。
また、即日融資にも対応している会社も多く、対応の早さが違います。

 

毎月の返済額を把握して、返済の見込みを立てよう

生活費が足りないのでお金を借りるということは、預貯金から生活費が捻出できないということでしょう。
もし生活費の補てんとしてお金を銀行などから借りるのであれば、しっかりと毎月の返済額を把握しておきましょう。

 

多くの場合、5万円を借入したら月の返済額は4000円程度です。
4000円を毎月返済すると、返済期間は1年と2ヶ月で、総返済額は5万5778円という計算になります。
4000円以上支払えることがあれば、多めに支払っておくと返済期間も短くなりますし、総返済額も減ります。

 

業者や銀行ごとに最低返済額は異なりますので、必ず確認しておきましょう。
一般的に生活費の借入は10万円以内が望ましく、毎月の安定した収入から3年以内には完済することが良いとされています。

 

また、借金は「たかが5万円」と思わずに、きっちり完済することを目指しましょう。

 

いつも借金しているのが普通という状態にならないことが大切です。毎月の返済に慣れていくと、感覚が麻痺してきます。
多めに返せるときには充当して早めに完済しましょう。